So-net無料ブログ作成

アウトドアパーク ブロンコ! [jeep]

resize2115.jpg

数十年前に閉鎖となっていた伝説のオフロードコース「オフロードパーク ブロンコ」
あの「ブロンコ」が今年から「アウトドアパーク ブロンコ」となって再開との報を聞きつけて早速行ってきました!

埼玉県 秩父郡 横瀬町 にあるブロンコは自宅から下道で約90分
東京都からも比較的近場に位置し関東のオフローダーの集う場所としては有名でした
自分も三菱jeepを運転して良く遊びに行ったものです
そんな場所が再開するとあっては行かない訳にはいきません!

国道からブロンコまでの通称「ブロンコ道」と呼ばれた1.8キロの林道は結構走り応えのある林道で
オフロード初心者などはブロンコまでたどり着くのがやっとと云われていました
そんな道なので雪が降ったらチェーンは必須でした
おりしも関東では数日前に積雪があり、路肩にはまだ雪が残る路面状態・・
一抹の不安を感じながらも午前8:00に自宅を出発
ゲレンデヴァーゲンの青野氏も同行してのドライブです
 
国道299からブロンコへ登るための林道までは記憶をたよりながらも比較的スムーズ!
四輪駆動車以外通行禁止の看板を横目に見ながら4WD-Loへギアをシフト
ドキドキ感を隠せないまま林道へタイヤを転がしてみます
... ・・・ しかし
数日前からの積雪でブロンコ道はトラクションかからず・・
山の無いマッド用タイヤはいとも簡単に空転を始めて100メートルほど進んだところで路肩下へズリズリ・・ 
イキナリの洗礼を受けました

resize2112.jpg

タイヤのエアを抜いてウインチロープを引っ張り出して木にひっかかって止まっているjeepをなんとか道へ戻そうと肉体労働
後続のゲレンデヴァーゲンはそんな我がjeepを見て早速4輪にチェーンを装着し万端の構えで追随します
我がjeepはフロントはウインチで引き、後ろのタイヤがダダをこねて路肩から外れたらゲレンデヴァーゲンのチェーンブロックで横引きされながらの必死の登坂
雪の林道はチェーン必携ですな・・

結果、林道中盤にあるS字切り返しカーブまでのほとんどを電動ウインチで登り、プリウスも顔負けの電気自動車っぷり!

resize2110.jpg

ナイロンファイバーのウインチロープは軽量で使いやすくこんな風にバンパーへ巻いておいても収まりが良いので
林道行程中はほとんど出しっぱなしでした
林道も中盤を過ぎて傾斜がゆるくなると自力でもサクサクと進む事ができて雪中ドライブを楽しめましたが
前半のウインチングで時間がかかり懐かしのゲートをくぐる頃には既にランチタイムとなっておりました・・・

resize2108.jpg

resize2111.jpg

新管理人である竹村氏としばし歓談しイロイロと楽しそうな構想にこちらも顔がほころびます
現在は傷んだ施設の補修と復旧に励んでおられるとの事で毎週末の営業となるそうです
管理棟ロッジ周辺はそのまま残っており、自分にとっては懐かしの風景でありました

resize2109.jpg

薪ストーブも健在です(^^)

resize2107.jpg

様々なクラブのステッカーが残っております
今は無いクラブやショップの名前も見かけて時代の経過をしみじみと感じました

resize2105.jpg

午後は4輪にチェーンを装着したゲレンデヴァーゲンでコース外周をぐるっと視察
コースは雪に覆われていましたが雪の下にあるであろう粘土質の路面とブロンコ地形が脳裏によみがえり雪が溶けるのが待ちどうしく感じます!
V字セクションなどは手付かずのままで雨水が浸食してなかなかの手ごわいセクションになっているとの事
アタックが楽しみですねぇ!

resize2106.jpg

朝の登りの苦労を考えると帰路の下りも苦労しそうだなぁ と思い
陽が残っている時間に山を降りましたが、日中の日差しで路面の雪が融けていてキケンな事も無くスムーズに下山完了♪
晴れてさえいればコース内の雪もどんどん融けるかもしれません


resize2104.jpg

コース内を走行せずともオフロード気分は満喫でき十分に満足できた一日でした(^^;

雪さえ融ければ「ブロンコ道」も一般的な四輪駆動車で問題なく走行可能でオフロードの雰囲気も十分に楽しめますので、初心者からベテランまでが集うオフローダーズ・サロンとして盛り上がって欲しいですね!

さて、次回はいつ行こうかな!

resize2113.jpg




「OUTDOOR PARK BRONCO」

http://www12.plala.or.jp/bearhand/welcome.html


営業時間と走行注意事項はHPをチェックしてくださいね




nice!(4)  コメント(0) 

コップン・ナイト ขอบคุณค่ะ [AXCR2012]

AXCR2012の開催概要が「コップン・ナイト」にて発表されました!

「コップン・ナイト」はアジアンラリーに参加した人々が集う新年会といったところでしょうか
場所は六本木・ジャスミン・タイレストラン
私、六本木に行くのは唯一この機会だけです!

IMG_2483s.jpg

エントラント、メディアチーム、アドヴェンチャークラス、すべての参加者に参加証が手渡されます

IMG_2413s.jpg

この日のために遠路はるばる駆けつけた「ガレージ・モンチ」な方たち!
トライアングルチャンピョンシップ優勝からアジアンラリー・アドヴェンチャークラスへエントリー
すっかりラリーに魅せられて今年はコンペティターとしてアジアンラリーへチャレンジです
マシンは只今製作中!

IMG_2534s.jpg

アジアンラリー常連の「あきんど号」でおなじみの山本&辻本選手
今年もFLEXカラーのFJクルーザーに乗るのでしょうか!?
右側の御両名は高橋 学カメラマンと「LRB」の平賀選手です

IMG_2517s.jpg

AXCR2012 総合3位「takuma-gp」の青木拓磨選手を交えて私も一緒に記念撮影!

そして・・・



二次会はいつもの「甘太郎」へ流れて・・・・

IMG_2543s.jpg

オランダから来たモータージャーナリストのFred Krijgsman氏とタイから来たビシット氏もご一緒に「居酒屋」を
堪能

IMG_2637s.jpg

XCダートシリーズ開催されている西川氏、今年はアジアンラリー参戦でしょうか!? 

IMG_2569s.jpg

急速に仲良しになられたお二人

IMG_2551s.jpg

常に鼻の穴に指を突っ込んでいる方が約一名

こんな感じで六本木の夜は更けていくのでした・・・

IMG_2547s.jpg

常に舌べろ丸出しな方が約一名

こんな感じで、終了したのは、朝の3時!


おやすみなさい!






nice!(3)  コメント(3) 

HIROBA-ROCK TRAIL! [jeep]

IMG_0230ss.jpg

友人よりお誘いがあり、新年早々に岩場を走ってきました。

いわゆる「ROCK CRAWLING TRAIL」ですね、林道走行よりはハードな感じ。

場所は某所の水の枯れた河原ですが今回もなかなかの走り応えのあるトレイルとなりました!

IMG_0189ss.jpg

朝の9時集合でトレイル開始は10時ごろでしたがゆっくりと進むのでお昼を過ぎても最終地点には遠く・・

歩く速度より遅いのですよ!

IMG_0042_1_0ss.jpg

このオレンジのクルマは「TJラングラー」 JEEPショップ「RINEI」のデモカーであります。
フレームからサスペンションからかなりのモディファイがされているので大岩も確実に捉えてグイグイと進みます
タイヤはロッククロウリング専用品を装着。

IMG_0006ss.jpg

今回はこのオレンジラングラーのVTR取材も兼ねていましたのでボディ各部にGO-PRO(小型カメラ)を装着して映像を撮影。カメラが車体と岩の間に挟まれて壊れないかとヒヤヒヤしました・・

IMG_0148ss.jpg

「LRB」からはコータロー氏が参加
黄色いTJラングラーは2011年のトライアングルジャパンファイナルで優勝したマシン
本来はロッククロウリングに焦点をあててカスタムされたマシンなのでこういう場所では生き生き走ります!
各車ともウインチは装備されています。

IMG_0317s.jpg

遠路から駆けつけてくれたスズキ氏のつや消し号もタイヤをロック用に交換してアタックです
今回はトラブル無かったようですね~!
遠方に見えるのはVTRカメラの山本氏とアシスタント役の仁科さんですね

IMG_0240ss.jpg

オレンジ号のタイヤハウスから覗く長いコイルスプリング一体式のサスペンション
長大なストロークを誇っていますね・・・・
最近セッティングを変えたらしくテストも兼ねての走行
調子はどうだったのか・・ ?


いちばんタイヤが小さい(それでも315・75R16はある・・)私のJEEPは下回りをしこたまぶつけながらも進んでいきます
ラインを慎重に選んでいかないとすぐにデフ下が岩に乗り上げてしまいスタック!
ライン誘導やらタイヤ下への「挿し岩」やらイロイロとご協力頂きましてなんとか皆さんに付いていきます

IMG_0027_6_5ss.jpg

石田君のJEEPはいかついマッドグラップラー装着!
イイ感じでトレイルを進んできましたが途中でリアデフロックにトラブルが発生・・
帰路の行程を考えて最深部へのアタックは控えて帰路へ向けてUターン
自分のJEEPもタイヤサイズを考慮してUターン
残念ですがトレイル内で日没を迎えてしまうのは避けたいところです

IMG_0077_6_5ss.jpg

その先はカメラマンと共に徒歩で残りの3台を追うことにします

しかし。。

程なくして巨大な倒木が行く手を阻み前進を断念!

大きな根っこごと倒れている木に圧倒されます

大雨の時に鉄砲水のように水が流れる枯れ沢なので河原両脇に生えていた樹木が流れ出たのでしょう

IMG_0094_3_2ss.jpg

その先にはさらなる巨石群が待ち構えておりましたが日没になる前に抜けたかったのでここで全車Uターン
ここで記念撮影となりました!


IMG_0111ss.jpg

次はもっと早起きして最後まで走破したいですね・・!
次回のアタックに乞うご期待です

330134_248901098515929_100001881236106_607620_132864289_os.jpg
nice!(2)  コメント(1) 

2012 謹賀新年! [日記]

2012.jpg

昨年は震災やらナニやらいろいろありましたが
なんとか年を越しましたのでがんばって行きましょう!

SNSの普及に連れてblogの更新が滞っている方も多いようですが
ワタクシも例にもれずデス・・

しかし、年の初めぐらいは更新しないとね! 
と思いつつ本年も二日目になってのUP

年賀状もただいま絶賛印刷中という次第です

本年も宜しくお願いいたします。


nice!(3)  コメント(2) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。